スポンサードリンク



医療費控除に駐車場代は含まれるのか

確定申告の時期になると、どんな費用が控除されるのか疑問がわいてきます。
医療費控除の対象となる交通費がそうです。
通院費や、ガソリン代、駐車場代は医療費控除の対象になるのでしょうか。
医療費控除の対象となる交通費を確認しましょう。
国税庁のHPによると、医療費控除が認められている、医師等による治療に直接必要なものとして、次が認められています。
・医師等による診療等を受けるための通院費。
・医師等の送迎費。
ただし、これらの費用にも注意すべき点があります。
自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場代は含まれない点です。
また、電車やバスのような、正確な料金を調べることのできる公共の交通機関を利用するならば、領収書は不要です。
メモなどでじゅうぶんです。
しかし、タクシーを利用した場合には領収書が必要となってきますので、きちんと領収書をもらってとっておきましょう。
また、タクシーの場合には、通常の通院費に対して高額であるので、普通は医療費控除の対象として認められないようです。
しかし、急患や陣痛など、通常の公共交通機関を利用するには非常に困難な場合には認められます。
ちなみに、実家で出産するために、実家に帰省するのに必要な交通費は、医療費控除の対象には該当しません。
また、一般的に、通院の付添人に対する心付けや謝礼などは医療費控除の対象外となります。
しかし、病院の都合や医師の判断に基づいて必要と認められれば、治療上必要なものとして認められる可能性もあります。
とくに、介護老人保健施設や指定介護老人福祉施設、または助産所への収容されるためにかかる費用は認められています。
疾病の度合いや、病状の緊急性などを考慮して、合理的な判断をするようです。
少しでも該当するならば、医療費控除の申請をしてみましょう。

スポンサードリンク



トピック


サイトマップ

プライバシーポリシー

相互リンク

Copyright ©医療費控除 ガイド All rights reserved.
- テンプレートマジック -