スポンサードリンク



医療費控除の対象に予防接種は含まれるの?

医療費控除の対象になるものとして、医療機関に支払った医療費や薬局などで購入した薬などがよく知られています。
しかし、同じ医療費や薬代などでも、その状況によって医療費控除の対象になる場合と、そうでない場合とがあります。
たとえば、人間ドッグは対象外ですが、人間ドッグを受けた結果、治療が必要な病気がわかった場合は、その分も含めて医療費控除の対象にすることができます。
メタボ検診の場合も同様で、メタボによる病気が判明した場合、メタボ検診料と特定保健指導料の自己負担分が対象になります。
ちなみに、人間ドッグやメタボ検診によって判明した病気治療が年をまたがった場合、実際に支払った年分の医療費として申請することになります。
これは、ほかの病気やけがを治療する場合でもいえることですので、確定申告のために医療費の領収書を整理するときに注意して仕分けしましょう。
なお、医療費を補てんする生命保険金が未確定の場合は、見込額を医療費から差し引いて申請、確定額との誤差がわかった場合は、後日訂正する必要があります。
また、妊婦の定期健診費用や、再発の可能性が高い病気治療後の定期検診費用も医療費控除の対象になります。
このように、医療費控除の対象とみなされるものには、病気の有無が関係していることがわかります。
それでは、一般的に行われる予防接種は医療費控除の対象になるのか興味ありますね。
結論からいいますと、大変残念ですが、一般的な予防接種は対象として認められないということです。
しかし、予防接種のなかには自治体の補助制度を活用することも可能ですので、担当課へ照会することをお勧めします。
また、B型肝炎に罹っている家族からの感染を防ぐためにB型肝炎ワクチンの予防接種を受けることがあります。
この場合、B型肝炎に罹っている旨の医師の証明書があれば、予防接種費用は医療費控除対象にできます。
そのほか、予防接種ではありませんが、円山ワクチンの接種費用は医療費控除対象になります。

スポンサードリンク



トピック


サイトマップ

プライバシーポリシー

相互リンク

Copyright ©医療費控除 ガイド All rights reserved.
- テンプレートマジック -